上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
私は今の会社に入社したことが一つの分岐点だったと思う。

前の会社ではほとんど休みもなく、拘束時間も長かった。
休みの日も前の日の疲れがあり昼過ぎまで寝てしまうのもしばしば。

共働きというのもあり、すれ違う毎日。
家に帰ってきて夕食食べて風呂は入って寝るだけ。

仕事ではストレスが溜まり、休みの希望を出しても却下、却下。
日々不平不満が募り、どうしても家庭で些細な事でケンカを
してしまう。

その頃の私の希望は

  家では一人になりたい!!
  一人の時間が欲しい。
  妻の愚痴なんか聞きたくない。
  好きなTVをボーっと見ていたい。
  何も考えたくない。

夕食時に妻は話す。
「今日こんなことあったよ~・・・・。」
「ちょっと聞いてよ・・・・。」

私はとりあえずその場を早く離れようと適当な返事をする。
すると、ある時その時に話していた話題が出てきて
私が覚えていないことに妻は怒る。

これを繰り返すうちにお互い会話が少なくなってくる。
妻は、あなたはどうせ話を覚えていないし、聞いていないし
何度も同じコトを言うのはもう疲れたと、近況を話す事を
しなくなった。

忙しく一緒に過ごす時間が短いから・・・
一緒にご飯食べる時間や休みの日ぐらいは
楽しく過ごしたい。
だから私が今抱えてる悩みや相手を困らせるようなことや
ケンカの原因になるようなことは心の奥にしまっておこう

いろいろな事がどんどん崩れていくような感じだったと今は思う。

当の私は、逆に余計な話を妻がしてこなくて
すごくすっきりした気分だった。
しかし、何かが違うことにうすうす気付きだした頃でもあった。


今だから言える。
時間は大切だ。

内容の濃い短い時間もあるとは思うが、
やはりそれぞれそれ相当の時間の長さが必要だと思う。
たわいの無い会話が婦には大切に思う。

親もしくは友達には、あまりにもくだらなすぎてとか
言うまでも無いことなどを、婦だからこそ言える部分が
あると思う。別に答えが欲しいわけではない。
ただ話しする事がしたいだけ。

そして「聞いて」欲しい。

女性のほとんどとは言わないが
女性は話すことが好きだと思う。

そして男はあまりくだらない事は口にしないものだ。
特に悩み事などは。

私がもし妻に相談する場合はもうすでに自分の中で
答えが出てからだ。
とりあえず自分で色々な事を想定して
自分だけで解決したことを話す。

当然、それを聞かされた妻は妻の意見を言おうとする。
しかし私は、自分で結論を出したことを変更などしないし
特に話も聞かない。

しかし、今は違う。
とりあえず、今考え中のことを話す。
そして相手の意見を聞く。
そして参考になりそうなのをピックアップする。

私は思う。
なんて簡単なことだったんだと。
一つの問題を自分とは違った見方で意見を言ってくれる。
そしてそれが問題解決を手伝ってくれる。
別に妻に相談したからといって何も自分自身無くすものは
何も無い。恥ずかしいも無い。


私は思う。
時間のゆとりが心のゆとりだと。

それは仕事が忙しい、拘束時間が長いから・・・
そうじゃない。
どれだけ「時間管理」ができるかだ。


最近私は忙しくても妻との時間を必ず取っている。
それは今までと変わらない会話の時間かもしれないが
自分の心の持ちようである。

私が「妻と話しがしたい。」
「一緒に時間を過ごしたい。」
そう自分の気持ちを持つことでその時間はすばらしい時間になるのだと
私は思う。
スポンサーサイト
2007.05.07 Mon l 私の考え l COM(0) l top ▲
私は今まで治療には協力してきました。

しかし、治療や病気の詳しいことはほとんど知りませんでした。

ただ病院に付いて行くだけ。

ただ妻から話しを聞くだけ。

確かに上の2つも最低限必要なことだとは思いますが

妻はそれだけでは不満のようです。

これだけだと結局妻一人の不妊治療なんですね。

理想は、も病気について理解し

一緒に考え、どうすれば一番良いか話をしなければ

いけないと思うようになりました。

そこで私はある試みをしてみることにしました。

私は今までほとんど関心が無い態度だったので

急に本を読んで勉強したりするのは

あまりにも白々しいと思い

妻に質問をするようにしました。

例えば、

「今度は、いつ病院に行くん?」

とか

「いつが排卵日?」

と、とりあえず自分から話かけるようにしました。

すると、「おっ 治療に興味持ったのかな?」って

色々妻のほうから今まで聞けなかった治療の内容が

どんどん出てきました。

それを繰り返していると自然に私の方も

知識が増えてきて、今までうわべだけの治療の会話が

何だか専門家?どうしの会話になってきて

なんとゆうか・・・深い話しも出来るようになってきました。

なぜ、これがいいかと思ったのは

後から気が付いたのですが、

お互いに知識を持って、今まで以上に治療に対して話しをすると、

これが一つの婦のコミュニケーションにつながって

次第に本音を言い合えるようになることに

気が付いたんです。

やはり、妻の方だけ、の方だけ、で

もう一方が何も興味を持たないと

「自分はこうゆうことで悩んでるんだけど、相手に話ししても
 
 わかってもらえないだろうな。」

って、思ってしまって話を出来ない場合があると思うんです。

不妊治療は、基本的にデリケートな部分でもあり

結局は婦二人の問題でもあるので

他人には理解できない部分や、話せないこともあります。

そんな時に、相手が興味を持っていなかったり

協力的でないと、悩んでいるほうはどんどん一人ぼっちに

取り残された気分になり・・・

家庭不安の原因にもなるんですね。

私たちも初めはそうでしたから・・・

今思うと、すごく妻には悪いことをしたな・・・って思います。


最近、妻は明るくなりました。

私が協力的になったからだけではないですが

病院を変えて、転院先がすごくいい先生だったりとか

周りの状況の変化だったりとかでだとは思うんですが

そこにとして少しは協力できたのかな?と

勝手に思ってるんですが・・・
2007.03.31 Sat l 私の考え l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。