上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
私は今まで治療には協力してきました。

しかし、治療や病気の詳しいことはほとんど知りませんでした。

ただ病院に付いて行くだけ。

ただ妻から話しを聞くだけ。

確かに上の2つも最低限必要なことだとは思いますが

妻はそれだけでは不満のようです。

これだけだと結局妻一人の不妊治療なんですね。

理想は、も病気について理解し

一緒に考え、どうすれば一番良いか話をしなければ

いけないと思うようになりました。

そこで私はある試みをしてみることにしました。

私は今までほとんど関心が無い態度だったので

急に本を読んで勉強したりするのは

あまりにも白々しいと思い

妻に質問をするようにしました。

例えば、

「今度は、いつ病院に行くん?」

とか

「いつが排卵日?」

と、とりあえず自分から話かけるようにしました。

すると、「おっ 治療に興味持ったのかな?」って

色々妻のほうから今まで聞けなかった治療の内容が

どんどん出てきました。

それを繰り返していると自然に私の方も

知識が増えてきて、今までうわべだけの治療の会話が

何だか専門家?どうしの会話になってきて

なんとゆうか・・・深い話しも出来るようになってきました。

なぜ、これがいいかと思ったのは

後から気が付いたのですが、

お互いに知識を持って、今まで以上に治療に対して話しをすると、

これが一つの婦のコミュニケーションにつながって

次第に本音を言い合えるようになることに

気が付いたんです。

やはり、妻の方だけ、の方だけ、で

もう一方が何も興味を持たないと

「自分はこうゆうことで悩んでるんだけど、相手に話ししても
 
 わかってもらえないだろうな。」

って、思ってしまって話を出来ない場合があると思うんです。

不妊治療は、基本的にデリケートな部分でもあり

結局は婦二人の問題でもあるので

他人には理解できない部分や、話せないこともあります。

そんな時に、相手が興味を持っていなかったり

協力的でないと、悩んでいるほうはどんどん一人ぼっちに

取り残された気分になり・・・

家庭不安の原因にもなるんですね。

私たちも初めはそうでしたから・・・

今思うと、すごく妻には悪いことをしたな・・・って思います。


最近、妻は明るくなりました。

私が協力的になったからだけではないですが

病院を変えて、転院先がすごくいい先生だったりとか

周りの状況の変化だったりとかでだとは思うんですが

そこにとして少しは協力できたのかな?と

勝手に思ってるんですが・・・
スポンサーサイト
2007.03.31 Sat l 私の考え l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。