上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
不妊治療というもの、努力しても報われない事の一つだと思う。
私たちは特に妻はその事を痛感しているようだ。

私たちは今年で治療7年目。
長くなればなるほど、そうゆう気持ちが大きくなるばかりだ。

そして、治療に限らず他の物事に対しても
努力しても何も変わらないし、報われないと考えるように
なってしまう。そして努力することすら忘れてしまう。

「結局・・・結局・・・」言い訳しか出てこない。


しかし、最近の妻はどうも変わってきたようだ。
妻自信が言っていたが、

「努力したら報われる事がある事を忘れていたよ!!」と


というのも、話はこうだ。

妻は昔から運動が苦手で
かなりの運動オンチでもある。

それに比べて私は、小学生から高校生まで
水泳をやっていて、かなりの体育会系だ。

妻は毎日どこかしら体の一部が痛いらしい。
今日は「腰が痛いイイ」「肩がこってる」「頭が痛い」
どこか痛くない日はないかと思うぐらいに
毎日どこか痛いらしい。

私は言う。
「絶対、運動不足やな。体動かせよ」
「最近肉付いてきたんやから、少し運動して落としたら?」

妻はこう言い返す。
「あなたはいつも運動不足、運動不足ばっかり・・・
 それだけの原因じゃないんだから、決め付けないでっ」と


この頃の妻はこう考えていたみたいだ。
「どうせ努力して運動しても、この痛いのが治るわけはないし
 どうせ報われないだろう。」と


私は半分あきらめていました。
「あ~ 何を言っても聞かへんし、痛いっていっても自分のせいだし
 もうほっとこう」と



そして最近になって、妻が私に相談しに来ました。
「今度近所に女性限定のジムが出来るんだって、行ってもいい?」

私は少し驚きました。
あんなに運動嫌いの妻が自分からジムに通いたいと
言ってきたんですから。

私は、特に反対せず。快く了承しました。

そして一日おきにジムに通い始め
ジムに行った日の感想は、
「すごく楽しい!!」との事でした。

私は前々から、妻に運動して欲しいと思っていましたし
絶対に運動は気持ちいいはずだと思っていたので
すごく今妻がいいことをしているな~と
私も喜んでいました。

そしてある程度ジムに通い始めると
ジムだけでなく家でも妻がストレッチや筋トレをはじめたんです。

どうも本気で体動かすのが気持ちよくなったようで・・・
今は私と一緒に夜運動しています。

そして妻は言いました。

「私は長い間治療をしていたせいで忘れていたことがあった
 それは、不妊治療というものは努力しても報われない事が
 多い。だから他の事についても同じ事が言えると思っていた。
 そしてそれが長すぎたため、努力することさえ忘れていた。」

「でも今ジムに通い始めて、もう目でわかるぐらいに
 自分が体やわらかくなったり、肩こりが治ったり
 腰が痛くなくなったりと、どんどん健康になっていく
 自分を感じて、本当に忘れていたことを思い出したよ!!

 物事には努力すれば報われるものがあるんだ。」と


私は思う。
おそらくこれはや男性にはあまり理解できないかもしれないが
今まで隣で一緒に頑張ってきた私にはすごくわかった。

妻にはこれからもその事を忘れずにいて欲しいと思う。


スポンサーサイト
2007.05.17 Thu l 日記 l COM(2) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。