上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
妻には気持ちが落ち込んだときに聞く歌がある。

ラジオを聴いている時に流れてきたそうだ。



『君に幸あれ』  by仲村瑠璃亜

今年も笑って君が春を迎えられますように

落ち込んでる君に かける言葉見付からない
考えてみたところで 
君の気持ちわかるはずもなく

頑張れって言ったって 気休めにもなりゃしない
流れ星に祈ったって
どうもこうもなりゃしない

だけど今は声をからして願いをかけたら
少しでも力になれると思うから

頑張れ 負けるな 
無責任な言葉だけど 
ひたすら君にエールをおくる
今年も笑って君が春を迎えられますように


最近気付いた 何も出来ない自分と
決して諦めはしない 強い君の事

もしも君に僕の声が届いて
少しでも勇気づけてやれたら

頑張れ 負けるな 
単純な言葉を投げつけることしかできないけど
今年も君がきれいな桜を見られますように

頑張れ 負けるな
無責任な言葉だけど
ひたすら君にエールを送る
今年も笑って君が春を迎えられますように

頑張れ 負けるな
しょうも無いジョークで
笑わせる事しかできないけど
今年も君がきれいな桜を見られますように

とにかく君に幸あれ
とにかく君に幸あれ
とにかく君に幸あれ
とにかく君に幸あれ


これは特に不妊治療している人への歌では
ないけれど、ものすごく当てはまる部分が多いと思う。

私はこの歌詞しか知りません。
実際に聞いたことは無いけれど
逆にこの詩から入ることで
聴く時の気持ちが変わってくる。

いい歌ですね。

スポンサーサイト
2007.06.17 Sun l 日記 l COM(0) l top ▲
今回私たちはIVFに挑戦中だったのですが
いざって時にそれはAIHに変更になってしまいました。

理由は、妻の卵巣に卵が1つしかなかったからです。

IVF4日前まで卵巣の中には今までで最高の9個が
育っていたのですが、前日になって検査すると
なんと他の8個の卵の成分を1つが全部吸収してしまって
恐ろしくその1個が急成長し、予定が1週間以上も
早くなりました。

妻は、1つになってしまったその日私に

「ごめんね。ごめんね。IVFできなくなっちゃった・・・

 9個もあったのに・・・・・

 1個になっちゃった・・・から・・・。」


私「そうか~ しゃ~ないな。」

私は言っていいのか悪いのかわかりませんでしたが
続けて言いました。

私「けど、こう考えたらどうやろ。
  その1個は他の8個の成分を取ってまでして育ちたかったし
  どうしても俺が育ちたいんやってアピールしてるんちゃうか。
  という事は、もしかするとその卵はこの世に生まれてくる
  子供になるかもせ~へんで。

  そんだけ他のもんよりでしゃばってきて、そこまでして
  出てこようとしてるぐらいやから、それは
  いい卵であり可能性はすごく高くなると思うで~。」


恐る恐る妻の反応!!

妻「そうだね。そうかもしれないね。この子が選ばれたのかも
  しれないね。

  ありがとう。そう言ってくれて。」


よかった~~~。
まあ、ホンマに気持ちをこめればわかってくれますね。


しかし、最近妻は治療に関してすごく前向きに
考えることが出来ていてあまり最近は心配はしていなかったんですが
さすがにIVFともなると違うみたいです。

確かにお金が他の治療とはまったく違うし
色々なプレッシャーが今までよりはやはり違うようです。

やっぱりいくら年数を重ねていても
悲しいのは悲しい
逆に長ければ長い方が辛かったりもする。


私は思う
やはり一番辛いとき相手も一緒に
悲しむのも一つかもしれない。
けど、その中でプラスに考えられるものを見つけ
それを信じ、疑わないことも必要だと。

2007.06.13 Wed l 日記 l COM(6) l top ▲
私は、今まで妻からの何かを待っていたような気がします。

例えば、色々生活していく上で自分が何かをして欲しいとき。
妻がそれをしてくれなかった時、私は
「どうして、してくれないんだろう」と
少し怒ったりもします。

そうゆうことを色々考えていると
こう思うんです。

「私は、妻から何かをしてもらえるような事を
 逆に妻にはしてきたんだろうか?」


このような考えを持つようになってからは
非常に気持ちが楽になってきました。

ケンカも少なくなったし、会話も増えました。
これはとても個人的なもので非常に簡単なことでした。

少し自分に問いかけてみて
それに対する答えを実践する。

自分で出した答えだから
他人が出した答えとは違い
守ろうとする。
それをしなければ自分を裏切ることになるから・・・


本当に私たちは治療を通じて
学ぶべきことがいっぱいあります。

おそらく治療がなければ
うまくいっていないか、非常に平凡な
振り返っても全然実の無い人生だと思う。

精神的に傷つき身体も傷つき
だからこそ記憶に残り
振り返って人生としておもしろい
生きている。

私たちは、これからも治療を諦めるつもりはないし
人生を諦めることもしない。

振り返ってみて気付いたんです。
私たちは本当に

「子供が欲しい、絶対に欲しい。誰よりも欲しい。」

そう毎日のように叫んでいました。

結果どうでしょう。
色々な事を知ることができたし
人間として成長した。
本気で願わなければ手に入らなかったものが
たくさんありました。


私は思う。

一つの目標に向って本気で歩き出せば
すべてが変わる。

治療始める前の自分

治療始めた自分

私は断然今の自分が好きです。

私はこれからも目標は変わらない
そして学び続けます。
2007.06.08 Fri l 日記 l COM(2) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。