上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今回私たちはIVFに挑戦中だったのですが
いざって時にそれはAIHに変更になってしまいました。

理由は、妻の卵巣に卵が1つしかなかったからです。

IVF4日前まで卵巣の中には今までで最高の9個が
育っていたのですが、前日になって検査すると
なんと他の8個の卵の成分を1つが全部吸収してしまって
恐ろしくその1個が急成長し、予定が1週間以上も
早くなりました。

妻は、1つになってしまったその日私に

「ごめんね。ごめんね。IVFできなくなっちゃった・・・

 9個もあったのに・・・・・

 1個になっちゃった・・・から・・・。」


私「そうか~ しゃ~ないな。」

私は言っていいのか悪いのかわかりませんでしたが
続けて言いました。

私「けど、こう考えたらどうやろ。
  その1個は他の8個の成分を取ってまでして育ちたかったし
  どうしても俺が育ちたいんやってアピールしてるんちゃうか。
  という事は、もしかするとその卵はこの世に生まれてくる
  子供になるかもせ~へんで。

  そんだけ他のもんよりでしゃばってきて、そこまでして
  出てこようとしてるぐらいやから、それは
  いい卵であり可能性はすごく高くなると思うで~。」


恐る恐る妻の反応!!

妻「そうだね。そうかもしれないね。この子が選ばれたのかも
  しれないね。

  ありがとう。そう言ってくれて。」


よかった~~~。
まあ、ホンマに気持ちをこめればわかってくれますね。


しかし、最近妻は治療に関してすごく前向きに
考えることが出来ていてあまり最近は心配はしていなかったんですが
さすがにIVFともなると違うみたいです。

確かにお金が他の治療とはまったく違うし
色々なプレッシャーが今までよりはやはり違うようです。

やっぱりいくら年数を重ねていても
悲しいのは悲しい
逆に長ければ長い方が辛かったりもする。


私は思う
やはり一番辛いとき相手も一緒に
悲しむのも一つかもしれない。
けど、その中でプラスに考えられるものを見つけ
それを信じ、疑わないことも必要だと。

スポンサーサイト
2007.06.13 Wed l 日記 l COM(6) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。