上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
いよいよIVFがはじまりました。

妻は少し疲れが出てきたみたいです。

私は、サポートに徹します。
先日、病院で先生の話を聞くのに
一人では不安そうに見えたので

仕事中でしたが、妻の通院に付き添いました。

やはり、病院は一人で行くより
婦で行ったほうがよいことに改めて気付きました。

おそらく、ほとんどの治療されている方々は
奥さんだけとか、旦那さんだけとかで行かれています。

でも、いつなんどき先生からや治療の方針など
色々決めなければいけないときがある。

そんな時、メールや電話では時間がかかったり
つながらなかったりする。
そうすると、ストレスになりなかなか前に
進めなかったりする。

やはり、私は治療というもの婦一緒にやるものだと
改めて気付きました。

私は、「話を聞かない男、地図の読めない女」
と言う本を最近読みました。

すると、おもしろいことに
前にケンカしていた原因がほとんどが
男と女の脳の違いだということがわかったんです。

そして、この本を読むことにより
妻の求めているもの、ニュアンスなどを理解し
お互いに、認め合うことが出来るようになりました。

そしてこれは、婦円満=治療にも
私は影響があると思っています。

しかし、最近本読んでるな~
昔じゃ考えられへんな~(笑)
スポンサーサイト
2007.09.22 Sat l 日記 l COM(6) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。