上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
人が生きるということ。

人は自分が幸せになることを常に考えている。
お金がたくさんもらえれば幸せと思う人もいる。
誰かにやさしさや感謝を伝えて喜んでもらって
幸せを感じる人。誰かに何かをしてもらったり
もらったりして幸せな人。


すべてこれらは幸せになる為に何かを自分が
与えていることが必要になる。


お金が欲しければ、例えば会社に自分の時間や
能力を与える、その対価がお金だ。


誰かに何かをもらったりしてもらいたければ
まず自分が誰かに何か与えなければならない。
何も与えずして何も得ることはできない。


ここで一つの詩を紹介したいと思う。
これを読み何か感じていただければ幸いです。



     さっきとても素敵なものを
     拾って僕は喜んでいた
     ふと気が付いて横に目をやると
     誰かがいるのに気が付いた
     その人はさっき僕が拾った
     素敵なものを今の僕以上に
     必要としている人だと
     言う事が分った


     惜しいような気もしたけど
     僕はそれをあげる事にした


     きっとまたこの先探していれば
     もっと素敵なものが見つかるだろう
     その人は何度もありがとうと
     嬉しそうに僕に笑ってくれた


     その後にもまた僕はとても
     素敵なものを拾った
     ふと気が付いて横に目をやると
     また誰かがいるのに気が付いた
     その人もさっき僕が拾った
     素敵なものを今の僕以上に
     必要としている人だと
     言う事が分った


     惜しいような気もしたけど
     またそれをあげる事にした
 

     きっとまたこの先探していれば
     もっと素敵なものが見つかるだろう
     なによりも僕を見て嬉しそうに
     笑う顔が見れて嬉しかった


     結局僕はそんな事を何度も繰り返し
     最期には何も見つけられないまま
     ここまで来た道を振り返ってみたら


     僕のあげたものでたくさんの
     人が幸せそうに笑っていて
     それを見た時の気持ちが僕の
     探していたものだとわかった


     今までで一番素敵なものを
     僕はとうとう拾う事が出来た

    
     「僕が一番欲しかったもの」  
              槇原敬之


自分が幸せになりたければまず他の人を幸せにする。


どうしても自分が先に先に幸せになりたい!!
そう思ってしまっていた自分にこの歌は
ず~んと心に響きました。


「与える」
すべて世界がこれの繰り返しなんだな~と
つくづく思いました。







スポンサーサイト
2007.11.06 Tue l 日記 l COM(2) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。