上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
妻は治療になると、視野が狭くなる。

頭の中がすべて「治療、治療、治療」
何をしていても頭のどこかで気になっている。
そしてそれが自分の中で圧倒的に大きくなっている。

それに対して私はどうでしょうか。

確かに、傍にいる時にはもちろん治療に関して
話し合いをしたり、考えたりする。

しかし、仕事をしている時はどうでしょう。

正直、忘れてしまっているし考えていない。


仕事中に妻からメールが来る。

「病院に行ってきたよ。治療の日はいついつです。
                  一緒に病院行ける?」

この時に気付く、心の中で
「あっ!ごめんな、考えてなかった。」

この差は大きい。


実際、治療で私がすることはほとんど無い。
私の体の中で新しい命が生まれることは無い。
基本的に背負うものが無いんですね。

しかし、妻は違う。
女性として生まれてきた。
子供を授かれる体で生まれてきた。
新しい命を自分の体で感じられる体として生まれてきた。
そう自分にプレッシャーをかけているようだ。

だから、私に申し訳ないと思う。
自分に腹が立つ。
どこにもぶつけようの無い気持ちがある。

私は妻に出来るだけプレッシャーをかけないようにする。
しかし、妻は私が何も言わないことにプレッシャーを感じる。
見えない何かにプレッシャーを感じる。
自分ですべてを背負った気持ちになる。

心はもういっぱいだ。

私の細かい行動が気になってしかたがない。
そしてそれを指摘してしまう。
そしてそんな事を言ってしまう自分が嫌になる。


それがわからない時は私もイライラして
言い返してしまう。
些細なケンカだ。
結局何が原因でケンカしたかお互いわからなくなる。

次の日になっても二人の間には
モヤモヤした感情が続いている。
そして何日か後にまた同じようなケンカをする。
その繰り返し・・・


私はもっと早くに気付くべきだった。
妻はホントにホントに重たいものを背負っていた。

「これを気付くか気付かないかで大きな違いだ。」
頭の中が180度変わる。

今は妻の言葉に気を使うようにしている。
その言葉の裏には何があるのか?
本当に言いたいのは?
と考える。

私は思う。
治療そのものの協力は気持ちが入らなくてもできる。
でも、それだけでは妻一人が戦っているだけにすぎない。と

今は思う。
妻が「痛い、痛い、痛い」と言う。
「しんどい、つらい、」と言う
些細な事で怒ったりする。

それはすべてサインだと。


私はまず考え方を変えました。

    「協力」

とは違う。これは一方的なものでしかない。

 「二人が同じ目標に向う心をそれぞれ持つ」

そうすれば、お互いに何をしなければいけないか。
どういったことをすれば相手にとっていいのか。
一つ一つの言葉に気持ちをのせる事が自然と出来る。

私はそう思う。
スポンサーサイト
2007.04.19 Thu l 私の頭の中 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。