上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「私は、今の自分が好きだ。」
少し前まで、そんな風に思うことなんてなかった。


こんな風に思えるようになったのも
すべてはこの治療を経験していることに
あると思う。



「人生」
最近、本当に人生は面白いと感じる。
本がこんなにもおもしろいなんて思わなかった。
人と接するのがこんなにもおもしろいなんて
思わなかった。



昨日、妻との話であることで話が盛り上がりました。
それは、「事実」の受け止め方についてでした。
事実とは、本当にあったことそして実際にあること。
それをどのように人は受け取るのか?



それは、受け取る側が今まで生きてきて
それまで学んだことによって意味が変わるって
こと。


例えば、私達婦の場合。

「治療を受けなければ子供を授かる可能性は
かなり低い。」

これは事実である。
これをどう受け止めるのかは、私達がこれまで
どう生きてどう人として成長してきたかによって
変わる。


私達の受け止め方はこうだ。
「これは、私達だから与えられたことなんだ。
この不妊治療で私達は何かを学ぶ機会なんだ。」


事実、私達はお金や普通に赤ちゃんを授かった人には
得られない経験、学びがたくさんありました。


「人」がどのようにして生まれるのか
どのような奇跡の連続で一つの命が出来るのか。


これだけでも、私達はもし子供が生まれ育ち
性教育を教えなければならない時、自信を持って
子供に教えることが出来るでしょう。


この問題があったからこそ、妻の事を愛おしく思い
何か自分にできる事はないか積極的に探し
行動に移す。けして見返りを求めないし
そんなことは思ったりしない。


人は正直、物事や痛みなど実際に自分が体験しないと
その苦しみ、痛みはわからない。
しかし、わからないからこそやるべきことがある。
やって意味の無いことは何もないということも
わかった。



今までの自分の生きたかに疑問を感じた。
色々と気付く前は、婦生活では亭主関白が一番
うまくいく方法だと思い込んでいた。



しかし、今は時代が違う。
今は昔みたいに女性は外に働いてはいけない世界には
なっていない。もうそんな時代は終わった。
しかも、よく考えてみると私の考えは浅はかだった。


亭主関白というもの、男は外に出て働いて家族を
養えばいいだけと考えていたのです。
その考えが私は間違っていたのに気付いたんです。


正直、私は「将来」そして本当に自分以外の人の
人生を背負うことについて全然考えていなかった
のです。


妻から。「これからどうする?」とか
「将来のことはどうゆう風に考えているの?」とか
聞かれても私は、「そんなことはそん時になってみないと
わからない」なんて事を言っていました。



しかし、今は違う。
お互いを尊重し、どちらが上とか下ではない。
ただ、お互いに得意、不得意なことがあるだけで
それをお互いに補いあえばいい。相手を本当に大事に
思うんなら、自然とそうできるはずである。


そして将来のことも
この部分は、基本男の方が責任がある。
だから私は口で言うのではなく今は
行動に移し、そしてそのことにより
妻に安心を与えている。




これからもし私達に何か問題が発生した場合
「この問題には、何か私達が成長し学ぶ時なんだ」
こう、受け取るでしょう。


事実は、人がそれまで生きてきて得たもの
学んできたことによって変わる。


私達は、治療に出会う前の自分と治療に出会ってから
の自分

だんぜん今の自分が好きです。


スポンサーサイト
2007.10.27 Sat l 日記 l COM(6) l top ▲

コメント

こんばんわ! ファルコンさん!
3回くらい読み返してしまいました。とても深く、同じように感じれる内容だなぁと思いました。

私たちも、最近受け入れられるようになったのです。これまで子供に恵まれなかった意味を。
必ず意味があるんだろうと。
何事にも、自分達と気持ちと反対の事が起こってしまったりした時、深く傷ついたり、泣いたりする事もあるけれど、これには、その後のやってくる事につながっている。必ず、何事にも意味があるんだ。と・・・

不妊治療を経て、今も継続中ですが・・・この経験から生まれた気持ちや考え方は、私は宝物だと思っています。そして私達夫婦には必要な経験だったとも思っています。
これからも、まだまだ落ち込むかもしれません。でも一つ一つの経験に必ず、良かったと思える日が訪れる日を信じています。 
2007.10.28 Sun l jasmine. URL l 編集
ステキなご主人ですね。。。
ただただうなるばかりです。
奥様からもれ聞こえるご主人への惚れっぷりに、さぞかしとは思っておりましたが。。。
うちの主人も亭主関白にこだわっている方だと思いますが、徐々に変わってきました。
でも、ファルコンさんほどの受け止め方ができれば、もう少し、私たちは笑っていられたんじゃないかと考えちゃいますね。
少しずつでも、ファルコンさんたちみたいな夫婦になりたいものです。
赤ちゃん待ちで失ったものも多かったと思いますが、得たものは計り知れないですね。ホントにそう思います。
早く私たちのもとに赤ちゃんがやってくることを願わずにはいられません。
2007.10.29 Mon l ことり. URL l 編集
こんにちは、jasmineさん。
やはり同性からではなく異性、つまり女性からこのようなコメントをいただけるのは非常にありがたいです。
このように感じてそして前を向いて歩いていれば必ず何かを得ることができる。行動しなければ何も失わないが得るものもない。ただ自分がどう生きたいか?だと思います。
jasmineさんの人生が素晴らしいものになりますように。
2007.11.07 Wed l ファルコン. URL l 編集
こんにちは、ことりさん。
かのんがお世話になっております。
来ていただいてありがとうございます。
ぜひ旦那様にも読んでいただきたいですね。正直私はこのブログは旦那さんたちに読んでもらいたく書いています。
そして、不妊治療とはただつらく苦しいだけではない、自分の受け止め方によって、また考え方によってそれはプラスにもなるしかけがえのないものにもなる。私はものごとには2つの面があると思っています。1つはプラスポジティブに考える面、もう一つはマイナスネガティブに考える面、これらは自分で選択することが出きる。そう自由なんです。それを私はどっちを選んだら自分が幸せでいられるか、気分がすっきりするかで選びます。そしてそれを選んだことにより私は何も失うものはないんです。
ながながとすみませんでした。
また遊びに来て下さいね。
2007.11.07 Wed l ファルコン. URL l 編集
はじめまして。

私も不妊治療をしているのですが・・

ブログを拝見して涙がでました。

ありがとうございました。

2008.01.10 Thu l maki. URL l 編集
はじめましてmakiさん

遊びに来ていただいてありがとうございます。しかも涙まで流してくれるなんて・・・ 書いている側としてはかなりうれしいしパワーをもらいました。

しかし面白いもので、私はこのブログ不妊治療を経験している旦那さん向けに書いているのですが、なぜか読んでいただけるのは女性の方が多いんですね。(笑)

この私のブログや経験などがmakiさんにとって何かの役に立てれば幸いです。

あんまり頻繁には更新出来ませんが
また遊びに来てくださいね。
2008.01.15 Tue l ファルコン. URL l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。